【完結】スケルトンでも愛してほしい! (外部サイトで読む

コル

 冒険者のケビン・パーカーは遺跡を探索中、落とし穴に落ち死亡してしまった。
 それから20年……ケビンの意識が戻ると、なんと自分の体は骨となりスケルトンになっていた。
 遺跡には魔物が外に出れないように結界が張られている為外に出れない、失意のまま遺跡を彷徨っていると魔物に襲われている新米の女冒険者コレットを発見する。
 その瞬間ケビンはコレットに一目ぼれをし、コレットを助けるもコレットは今度はスケルトンに襲われると思いケビンを倒して逃げてしまう。
 ところが遺跡の魔力でケビンは復活、その後ケビンは何度も遺跡に訪れるコレットに様々なアプローチをするがその度に倒され、コレットもまたその度に疲労し町に戻る羽目になり遺跡の奥へ進めない。
 どうしても振り向いてもらいたいスケルトンのケビン、どうしても遺跡の奥へ行きたい冒険者のコレット。

 2人のすれ違った想いがぶつかり合う。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    hellip
    コレット
    失意
    ケビン
    スケルトン
    魔力
    羽目
    一目ぼれ
    魔物
    落とし穴
    新米
    瞬間ケビン
    遺跡
    完結
    ケビン・パーカー
    アプローチ
    まま遺跡
    女冒険者コレット
    落ち死亡

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2020/09/16 12:10:13

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は596aiと判定されました。
ファンタジー作品の中でも珍しい設定がたくさんありますね。
文章のバランスが良く、読みやすいと感じました。

適度な割合で用語を用いてしっかりとした文章構造になっている作品ですね。
あとは分析結果の「文章の傾向」を参考に調整をしてみると、より良くなると思います。

現実を忘れるような没入感でした!
ファンタジーならではの分析結果を是非、小説執筆の参考にしてみてください。これからもツギクルをよろしくお願いします!
ファンタジーブレインから見て似ている傾向の作品があるようです!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      10文字

      一文が長いかな

    • 平均句読点間隔

      13文字

      句読点の間隔が長いかな

    • 改行までの文字数

      10文字

      改行までの文章が長いかな

    • 名詞の出現率

      16.04

      名詞がちょっと少ないかな

    • 動詞の出現率

      9.21

      動詞が少ないかな

    • 接続詞の出現率

      0.2242

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.6055

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      44.66

      ちょうどいいね

    • 特殊語の出現率

      24.12

      記号などが多いかな

    • 地の文とセリフの割合

      8:2

      セリフが多いかな

    • 空行率

      43.57

      空行が多いかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      65

      もう少し表現力がほしいかな

    • 単語の重複率

      25.01

      標準的だね