夢次元機アルマエレンシア (外部サイトで読む

里奈加ひびき

ある日、若くして両親が営む町工場を継いだ少女は、二年前に亡くした父親の形見から会社の倉庫を封印した鍵を見つけてしまう。そこに眠っていたのは巨大ロボットのパーツ。興味本位で組み立てたはいいものの、これをどうするべきか?その時、謎の巨大ロボットの正体を知るという軍人が来訪する。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    倉庫
    形見
    町工場
    軍人
    夢次元機アルマエレンシア
    正体
    巨大ロボット
    ロボット
    父親
    両親
    パーツ
    少女
    会社
    いいもの
    二年前

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち