《信頼》なんて使えないって、濡れ衣を着せて追放したのはあんただろう?〜俺のおかげで強化されていたクズ勇者たちの転落を尻目に、助けた王女様と《信頼》を集めて真の勇者を目指します〜 (外部サイトで読む

ふみきり

 生まれ持って授かったユニークスキル《信頼》が、何の役にも立たない外れスキルだったデニス。
 しかし、両親の才を受け継いだのか、幼い頃から高い身体能力に恵まれていた。
 ある日、その才能を買われ、デニスは勇者パーティーに誘われる。

 だが、勇者と行動を共にし始めてしばらくすると、全身から力が抜けていく原因不明の現象に襲われた。
 戦えなくなったデニスは勇者に濡れ衣を着せられ、街から、そして、勇者パーティーから追放される。

 失意の底にあったデニスだったが、創造神と出会うことで《信頼》の真の効果を知った。
 実は《信頼》は、相手との『親密度』を高めれば高めるほど自分の能力が強化され、同時に相手の能力も強化する、相互支援の万能で超有用なスキルだった。

 デニスは無能などではなく、無意識のうちに勇者に対して多大な支援をしていたのだ。

 デニスを捨てた結果、勇者は《信頼》の支援を失い、当てにしていた《伝説級》スキルが使えなくなる。
 魔族征伐に失敗し、王国からの信頼も失い、勇者一行はその地位から転落していく。

 一方で、デニスは勇者に婚約破棄され捨てられた王国第三王女と邂逅する。

「デニス、どうかわたくしのために、真の勇者になっていただけませんか?」
 王女は涙ながらにデニスに訴えた。

 王女とともに信頼できる仲間を集めて無双し始めたデニスは、やがて真の勇者とたたえられるようになる。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    濡れ衣
    尻目
    デニス
    失意
    王女
    わたくし
    魔族征伐
    転落
    勇者一行
    地位
    あんた
    万能
    婚約
    ユニークスキル
    勇者
    王国
    才能
    親密度
    一方
    勇者パーティー

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち