濡れ衣を着せられ婚約破棄された聖女は、寝取った魔女を断罪する~幼馴染の従者と魔女の企みを暴いてみせます~ (外部サイトで読む

ふみきり

 幼い頃から王子の婚約者になるべく育てられたナターリエ。
 十二歳を期に正式に王子の婚約者に選ばれた。
 表面上王子との仲は悪くなく、このまま順調に王妃の道を歩むと誰もが思っていた。

 ところがある日、王室主催の舞踏会に一人の伯爵令嬢が現れた。
 伯爵令嬢は王子に近づくと、色目を使って誘惑しだした。
 ナターリエがたしなめると、伯爵令嬢は露骨に甘えた声で「誤解です~」などとのたまう。

 その後もたびたび伯爵令嬢は王子に近づき、そのつどナターリエは礼儀をわきまえるよう注意をした。

 ナターリエの我慢も限界に達しようかという頃、ある噂が王宮に流れ始めた。
 ナターリエが伯爵令嬢に悪質な嫌がらせをしているのではないか、と。
 ナターリエは否定するものの、王子との間に隙間風が吹き始めた。

 その頃から、王子と伯爵令嬢が密会しているとの噂が、ナターリエの耳にも入ってくるようになる。

――でもわたくしは、殿下を信じております……。
 婚約者としての立場が揺らぐようなことはないと、ナターリエは愚直に信じていた。

 そして、ついに運命の日を迎える。
 大聖堂で、衆目の中、王子の婚約者として聖なる祈りを捧げる日が。

 ナターリエは祭壇にひざまずき、女神の前で祈りを捧げた。
 ところがその瞬間、突然ナターリエの全身は黒いもやに覆われた。

「あの女は闇の魔女よ!」
 伯爵令嬢の金切り声が響き渡る。

「君との婚約は、今この場で破棄とさせてもらう! 魔女との婚姻だなんて、あり得ないからなっ!」
 王子の怒声を聞き、ナターリエは全身から力が抜け落ちた。

 魔女だなんて身に覚えがない。いったい自分の身に何が起こっているのか。

 王子にしなだれかかり、自分を見下しながら薄ら笑いを浮かべる伯爵令嬢……。
 ナターリエはようやく悟った。
 罠にはめられ、婚約者を寝取られたのだと。

 近衛兵に引きずられながら、ナターリエは誓った。
 いつかきっと真実を暴き、あの憎き女を魔女裁判にかけてみせると。

 今、ナターリエの戦いが始まる――。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち