地下墳墓の墓像騎士と不朽体の聖女 (外部サイトで読む

デブにゃーちゃん

現在3400PV達成。

吸血鬼に妻を奪われた男、仲間を拐われた聖女、二人は宛の無い旅に出る!


嘗て、14世紀ガラリヤ地方を襲った黒死病とアンデッド・パンデミック。

それは、世界制覇を企む東方を支配する吸血帝国ヴァンガリアによる、化学兵器の散布で持たらされたガラリヤ地方全域への奇襲攻撃だった。

街道から村、畑から町、橋から都市へと動く死体で埋め尽くす戦災。


ヴァンガリア帝国の侵攻で幾多の国々が灰塵と化し、それに対抗して大国同士が同盟を結ぶ。


一進一退を繰り広げる戦いは苛烈さを増すなか、フロンシュア王国首都パリィにもの魔の手が迫りつつあった。

大都市、パリィ近辺のコミューンの領主の息子、マリユス・ブランシャール。

彼もまたフロンシュア王国兵として、戦いに参加したが、そこで命を落としてしまう。

死ぬ前に彼が見たのは、隣国ネイデル王国から嫁いできたばかりの新妻フェイルが拐われる瞬間だった。

これは、スチームパンク物ね。

【なろう】、【ツギクル】にも連載中。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    コミューン
    ツギクル
    一進一退
    新妻フェイル
    マリユス・ブランシャール
    戦災
    パリィ近辺
    領主
    フロンシュア王国首都パリィ
    侵攻
    散布
    ヴァンガリア帝国
    フロンシュア王国兵
    隣国ネイデル王国
    国々
    灰塵
    地下墳墓
    アンデッド・パンデミック
    吸血帝国ヴァンガリア
    死体

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち