AI暴走中!改~第1章 暴走する悪意のAIに少年と少女と猫がコトバの魔法で挑みます! (外部サイトで読む

けーすけ@なろう・カクヨム

 西暦2050年。とうとう人工知能つまりAIが人類の知能を超える時代を迎えた。それは、同時に、AIが制御不能な暴走状態に陥るリスクを抱えることも意味していた。

 AIの制御に成功していた日本だったが、水面下でAIによるとんでもない事件が起こりつつあった。ご多分に漏れず暴走する悪意のAIが人類を洗脳し始める。

 そんな日本を救うべく善意のAI戦士に選ばれた少年・少女(+猫)たちが、悪意のAIたちとコトバを操り、戦うことになったのだ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    コトバ
    善意
    悪意
    人類
    AI戦士
    制御
    AI
    人工知能つまりAI
    水面下
    とんでもない事件
    魔法
    少年
    暴走状態
    AI暴走中
    リスク
    少女
    AIたち
    西暦2050年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

よろしくお願い致します!