本当に、俺を追放できると思ったのか? (外部サイトで読む

四季葉

【あらすじ】
一人の英雄と、独りの勇者がいた。

幼馴染の彼らは魔王討伐のため、同じ仲間として共に旅をするが――かつてからの確執、そして勇者の抱える傲慢さが結果として一人の英雄アルス・ゼルディアを追放という形でパーティから追い出す事になる。

この物語は多くのモノを抱え、生きていく異世界の若者のお話。
非情な現実と、無情な現状の先に見据える彼らの視線に映るモノとは……。

これは、追放された青年アルスと追放した勇者ロイの物語である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    確執
    ゼルディア
    英雄アルス
    追放
    青年アルス
    幼馴染
    勇者ロイ
    英雄
    あらすじ
    視線
    勇者
    魔王討伐
    パーティ
    若者
    彼ら
    現状
    現実
    物語
    仲間

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち