魔王として生活していたら、ある日突然降って湧いた美人からあなたのことを討ちますと言われました (外部サイトで読む

(あきつしま)

俺の名前はライリー。魔術を極めた結果『魔王』と周りから呼ばれるようになった男だ。そんな俺だったが、一人寂しく魔王城で暮らしていたある日。天井から爆発音と破壊音がしたと思ったら女性が降ってきたんだ。感動的な出会いだと思ったが、その彼女にいきなり「あなたを討つために未来からやってきました」なんて寝言みたいなことを言われてもう大変!しかも、どうやら人間ではなくヒューマノイドロボットらしいんだ。美人だが無表情だし、神の如きスペックを誇るとか言いながら実のところはポンコツだし。それに、俺のことを討てなくなれば一生自分の面倒を見てくれと押し気味に言われて……この前までの平和な時間を返してくれ!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ヒューマノイドロボット
    ライリー
    寝言
    ポンコツ
    &hellip
    魔術
    天井
    魔王
    魔王城
    爆発音
    破壊音
    美人
    未来
    周り
    彼女
    一生自分
    人間
    結果

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち