ディメンション・アクシデント (外部サイトで読む

JUN

目付きが悪いせいで「殺し屋」と噂されている男子高校生と、彼が怖がられて誰も寄り付かないので安心している幼馴染は、人類初の次元事故により、異次元に飛ばされる。そこで別次元の被害者達と一緒に、敵性生物と呼ぶ異次元生物に対処する仕事をする事になった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    目付き
    殺し屋
    幼馴染
    ディメンション・アクシデント
    異次元生物
    異次元
    別次元
    人類初
    次元事故
    敵性生物
    男子高校生
    被害者達
    仕事

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち