殿下、あなたが求婚した相手はわたくしではありません (外部サイトで読む

仲室日月奈

「十六歳の誕生日、おめでとうございます。あのときの約束を覚えていますか? 俺はあのときのことを忘れたことはありません。もう一度、改めてプロポーズさせてください。どうか、俺の妃になっていただけませんか」

突然の求婚に、ヴェルハイム伯爵令嬢のステラはただただ困惑した。
目の前には見目麗しい第三王子が跪いている。
けれど、どれだけ記憶を呼び起こしても、そんな約束をした覚えはない。

これは、勘違いから始まる恋のお話。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    求婚
    殿下
    ヴェルハイム伯爵令嬢
    ステラ
    わたくし
    勘違い
    約束
    誕生日
    相手
    どれだけ記憶
    あなた
    十六歳
    お話

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち