【本編】元お飾り王妃ですが、逆行転生したら愛されルートに突入していたようです (外部サイトで読む

間先レナ

☆☆☆

――目が覚めたら十年前。まだ、かろうじて幸せだったころでした。

私フライアは二十五歳の時に死んだ。旦那である国王陛下やその寵妃、さらには王宮の大臣や貴族たちに虐げられてきた私のことを周りは「お飾り王妃」と呼んでいた。心労と過労。それが私を殺したのだ。
そして、次に私が目覚めると十年前に時が巻き戻っていた。それを知った時、私は決心する。
――もうあんな奴らのために働いて命を落とすなんてことはしない、と。

私は元旦那と婚約解消に動き出す。すると……何故かたくさんの事件に巻き込まれて。

隣国からの留学生、裏表の激しい侯爵令息、幼馴染の辺境伯の令息に私の心の支えだった「彼」。さらには魔界の魔王様。
裏社会や騎士団の人たちと関わっていく内に……私は、自分の幸せを見つけ出す。

――愛されなかった人間は、その分愛を求めるの。

愛されなかったお飾り王妃が、二度目の人生で幸せになるまでのお話。

※マルチエンディング式

**END LIST**
・ブラッドルート(隣国の公爵令息)
・シリルルート(名門侯爵家の令息)
・アールルート(幼馴染の伯爵令息)
・エリオットルート(従者)
・ルイスルート(隠しルートの魔王様)

**おまけ**
★騎士団
・ウィルフレッドルート(若き騎士団長)
・ヴィンセントルート(若き騎士団副団長)
・ティルソンルート(年下有能騎士)
★裏社会
・ゼノルート(マフィアのボス)
・サディアスルート(女好きの暗殺者)
・ナイルルート(双子情報屋の片割れ)
・ニールルート(双子情報屋の片割れ)

*アルファポリス、小説家になろう、エブリスタにも掲載中。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    令息
    アルファポリス
    公爵令息
    伯爵令息
    ティルソンルート
    片割れ
    辺境伯
    激しい侯爵令息
    ウィルフレッドルート
    心労
    従者
    王宮
    シリルルート
    裏表
    寵妃
    隣国
    逆行
    マフィア
    エブリスタ
    ヴィンセントルート

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち