最近の小説は異世界ファンタジーばかりになっている

桐生深夜

異世界ファンタジーの異常なブームによって小説界は大きな転機が訪れる。
それは異世界ファンタジーを書かなければ差別される、攻撃されるというものだった。
出版社も当然のように作品の内容ではなく、まず異世界ファンタジーであるかどうかを確認するようになった。

そんな世の中をよしと思わない作家集団は小説自由同盟を設立。
一方、そんな世の中を守りたい異世界有志連合。
二つの組織の抗争はやがて、世界の命運に関わる戦いへと向かっていくのであった。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

表紙イメージ画像はフリー素材を著作権フリーなものを使用していますが、何か問題が生じた場合は消す場合があります。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    命運
    転機
    抗争
    ブーム
    小説自由同盟
    異世界有志連合
    戦い
    設立
    作家集団
    小説
    小説界
    組織
    異世界ファンタジー
    出版社
    表紙イメージ画像
    フリー素材
    著作権
    作品
    問題

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち