転生したからって、ざまぁされなくてもいいよね!? ~平凡に生きていくために、私は諦めないんだからっ!~ (外部サイトで読む

鶯埜 餡

 アリア・スフォルツァは名門公爵家令嬢(9歳)だが、ある日自分が転生者で、役割が『悪役令嬢』だという事を思い出す。
「ちょっとなんで私がこうなっているのよ」
 転生先となったゲーム『Love or Dead~恋は駆け引きと共に~』では、一族もろとも没落するしかない未来。
「そんな未来は嫌だよ」
 というで、待ち受けた未来を変えていくための奮闘記。なぜか大人の事情に巻き込まれたり、侍女たち(しかも身分的にはアリアの方が上)にいじめられるわ。
「いや、これ、本当に『アリア・スフォルツァ』の未来なのかしらね。攻略対象たちも全然性格違うし」
 プレイしていたゲームと全く違う状況の中で、アリアはどんな結末を迎えるのか。

※巻き込み側の事情により、『登場人物たちの年齢』≠『行動 or 精神年齢』となっています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    駆け引き
    アリア
    悪役令嬢
    一族
    アリア・スフォルツァ
    結末
    名門公爵家令嬢
    侍女たち
    巻き込み側
    奮闘記
    役割
    性格
    転生先
    Love or Dead
    事情
    精神年齢
    未来
    転生者
    年齢

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち