魔剣が作れるおっさんは、今日も魔力が帯びた剣を生み出したがらない。 (外部サイトで読む

リゥル

主人公【マサムネ】35歳は、何度も……何度も夢に見る。
過去の過ち、自分の無力さ。忘れられるはずのない、逃げてしまったあの時の記憶。

いつからかは分からない。人々は【箱庭】と呼ばれる限られた世界でしか暮らすことが出来ず。生活する為の資源を【ダンジョン】から採取し、日々生活を送っていた。
そんな人々には、生まれながらにして“才”と呼ばれる個体差が存在していた。
そしてそれを──。

“──戦う者”
“──祈る者”
“──作る者”

っと呼ばれる三種類に、人々は分類分けをした。
資源を回収できるのは、もっぱら“戦う者”と“祈る者”だけ。当然の様に格差は生まれ、お互いの関係性は悪くなる。

“作る者”のマサムネは、そんな中。心を通わせることのできる仲間を見つけ。世界を広げるべく、ダンジョン攻略に挑んでいた。

──挑んで居たのだが……。

独自の世界観が織りなすファンタジー世界で、マサムネは仲間と共に、どれだけ夢を追い続ける事が出来るのだろうか?
そしてオッサンは今日も魔剣を生み出したがらない。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    マサムネ
    箱庭
    魔力
    オッサン
    格差
    ダンジョン
    資源
    才&rdquo
    者&rdquo
    ダンジョン攻略
    分類分け
    お互い
    主人公
    個体差
    魔剣
    人々
    記憶
    ファンタジー世界
    仲間

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち