罪人として魔族領に追放されましたが、魔王に溺愛されて幸せです (外部サイトで読む

アトハ

「フィーネ・アレイドル公爵令嬢! 私は、貴様との婚約を破棄することをここに宣言する!」
王子に婚約破棄された私(フィーネ・アレイドル)は、無実の罪で魔族の支配する魔族領に追放されてしまいました。

魔族領に降りた私を待っていたのは、幼い頃に助けた猫でした。
魔族にすら見えない猫ですが、魔族領では魔王の右腕として有名な魔族だったのです。
驚いた私に、猫はこう告げました。

「魔王様が待っています」

魔王様が待ってるって何、生贄にでもされちゃうの? と戦々恐々とする私でしたが、お城で待っていたのは私を迎えるための大規模な歓迎パーティ。
こうして私の新天地での幸せな生活が始まったのでした。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    罪人
    無実
    右腕
    フィーネ・アレイドル公爵令嬢
    フィーネ・アレイドル
    生贄
    婚約
    魔族領
    王子
    魔王様
    魔族
    歓迎パーティ
    幼い頃
    魔王
    新天地
    戦々
    貴様
    生活
    お城

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち