婚約破棄、果てにはパーティー追放まで!? 事故死を望まれた私は、第2王子に『聖女』の力を見出され性悪女にざまぁします (外部サイトで読む

アトハ

「マリアンヌ公爵令嬢! これ以上貴様の悪行を見過ごすことはできん! 我が剣と誇りにかけて、貴様を断罪する!」
 王子から突如突き付けられたのは、身に覚えのない罪状、そして婚約破棄。
 更にはモンスターの蔓延る危険な森の中で、私ことマリアンヌはパーティーメンバーを追放されることとなりました。
 このまま私がモンスターに襲われて"事故死"すれば、想い人と一緒になれる……という、何とも身勝手かつ非常識な理由で。
 
 パーティーメンバーを追放された私は、森の中で鍋をかき混ぜるマイペースな変人と出会います。
 どうにも彼は、私と殿下の様子に詳しいようで。
 というかまさか第二王子じゃないですか?
 なんでこんなところで、パーティーも組まずにのんびり鍋を食べてるんですかね!?
 そして私は、聖女の力なんて持っていないですから。人違いですから!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    quot
    人違い
    罪状
    マリアンヌ公爵令嬢
    殿下
    悪行
    変人
    婚約破棄
    パーティー追放
    私ことマリアンヌ
    王子
    事故死"
    モンスター
    れ性悪女
    パーティー
    事故死
    マイペース
    パーティーメンバー
    聖女

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち