妖術師裁判 (外部サイトで読む

楠羽毛

帝の崩御により国官任用試験が中止となり、故郷へと帰ってきたケヴィン。護法官補として任務につき、浮浪罪で牢に入れられていた男と出会う。男の名はアベル。取るに足らない事件と思われたが、思わぬことからアベルは重罪人とみなされてしまう。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    崩御
    アベル
    ケヴィン
    任務
    浮浪罪
    故郷
    妖術師裁判
    重罪人
    国官任用試験
    護法官補
    中止
    事件

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち