軍人少女、皇立魔法学園に潜入することになりました。〜乙女ゲーム? そんなの聞いてませんけど?〜 (外部サイトで読む

冬瀬

前世の記憶のお陰で、十五歳にしてチート軍人であるラゼ。ある日、上司である鬼畜宰相閣下に呼び出されたと思ったら、単独長期任務を言い渡される。どんな過酷な任務かと身構えれば……
「やはり、これは君が適任だ。ラゼ・オーファン中佐。君には、今春からセントリオール皇立魔法学園に通ってもらう」「…………ハイ?」
どうやら、殿下を始めとするお偉い様のご子息ご子女の「見守り役」に抜擢されたらしい。貴族サマが集まる学園に入学することに。
キラッキラな学園生活に戸惑いながらも、将来虐められないように生活を送ろうとしていたところ、どうやらこの世界には彼女の知らない秘密が隠されているようで。
「オイオイオイオイオイオーイ! 乙女ゲームなんて聞いてないよ?!!!!」
護衛役として金の卵たちに傷など付ければ、自分の首がサヨウナラなのに、自分は悪役令嬢で破滅フラグが立っているのだと言うお嬢様が現れて?!
彼女の破滅は、己の破滅——。
ラゼは今日も学園生活を(命がけで)見守っています。

〈ご評価、ご感想、誤字報告など、本当にありがとうございます!!〉
※衝動のままに書き進めてしまったので、ちゃんと伝わる文になるよう修正に走っております(汗)
拙作ではありますが、お付き合いくださると嬉しいです!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    キラッキラ
    サヨウナラ
    hellip
    mdash
    殿下
    鬼畜宰相閣下
    オイオイオイオイオイオーイ
    命がけ
    前世
    破滅
    セントリオール皇立魔法学園
    悪役令嬢
    チート軍人
    破滅フラグ
    貴族サマ
    拙作
    任務
    破滅&mdash
    お陰

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち