聖龍物語 ~ドラゴンオーブと賢者の石~ (外部サイトで読む

紅狐2

 山奥に囲まれた一軒の山小屋。
そこに住む少年ライト。

 爺さんと一緒に狩りをしながら日々暮らしていた。
爺さんは元冒険者の剣士のようで、ライトに狩りや剣の使い方など色々な事を教えていく。

 そんなある日、爺さんが病に倒れ、そのまま他界してしまう。
住む場所もあり、爺さんから引き継いだアイテムと小屋、そして剣。
一人になったライトは狩りをしながらその日暮らしをしていた。 

 ある日、夕暮れ前に山へ狩りに行くと、遠くの方から叫び声が聞こえてきた。
急いで声のする方へ行くと、オークに追いかけられている一人の女の子の姿が目に入った。

 剣を抜き、襲ってきたオークを一兆両断。
助けた女の子はガーネットというらしい。
どうやら何かを求めてこんな山奥に来たみたいだ。

 小屋につき一緒に夕飯を食べながら、お互いの事を少しだけ話す。
彼女がバッグから取り出した手のひら大の光る珠。
俺も似たようなものを持っている。

「これはドラゴンオーブ。六個集めると、賢者の石ができるって伝説があるの。ここに、似たようなオーブあるよね?」
「あぁ、持っているよ」

 俺はガーネットに引き出しから出したオーブを見せる。

「ねぇ、一緒にオーブを探しに行かない? ライトはそれなりに強いし、きっと楽しい冒険になると思うよ!」

 山奥にこのままいても、時間だけが過ぎていく。
外の世界を見るもの、悪くないよな。

「行こう。明日の朝出発だ!」

 山奥に一人で暮らしていた少年、ライト。
賢者の石を夢見る少女、ガーネット。

 二人のオーブを求める冒険が、今ここに始まる。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ドラゴンオーブ
    ガーネット
    叫び声
    山小屋
    山奥
    オーブ
    剣士
    爺さん
    夕飯
    オーク
    小屋
    遠く
    手のひら大
    お互い
    冒険
    一兆両断
    聖龍物語
    夕暮れ前
    少年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち