最下級の最強暗殺者~最底辺に潜伏した暗殺者は、学院の貴族たちを社会的に抹殺する (外部サイトで読む

延野 正行

 最強の暗殺集団に拾われたブレイド。
 とある極秘任務のために、幼子の頃から暗器、徒手、毒、隠蔽工作、貴族に関するあらゆる教養を叩き込まれる。
 15歳になり、貴族になるため、その息子娘が通う『ミズヴァルド学院』に潜入することに。
 3年間、外界から隔離された皇帝宮の中にある学院へと、ブレイドを見送った暗殺者たちはあることを思い出す。

「あ……。皇帝暗殺任務のことを言うの忘れてた」

 肝心の極秘任務も知らされず、結果的にブレイドは正体を隠し、学院を卒業することが修行の一環だと勘違いする。

 そこでブレイドは、何かと彼が平民出身であることを持ち出しては学院から追放しようとする貴族たちを、暗殺術によって社会的に抹殺していく。
 そしてそこには元皇女がいて……。

 これは階級絶対主義の学校社会に暗躍した最強暗殺者と、皇帝を目指す元皇女の物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    外界
    幼子
    徒手
    ミズヴァルド学院
    ブレイド
    極秘任務
    平民出身
    皇帝
    皇帝暗殺任務
    隠蔽工作
    貴族
    教養
    あ&hellip
    一環
    元皇女
    修行
    最下級
    暗殺集団
    皇帝宮
    学院

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち