転生した郵便屋は手紙と共に少女を運ぶ (外部サイトで読む

柊織之助

「運ぶのは得意なんだ」

斎藤健吾は郵便配達中の事故でこの世を去るが、二度目の人生が待っていた。
夢の異世界、夢のチート。だが健吾には能力は一切渡されなかった。唯一持たされたのは健吾と一緒に異世界に運ばれたバイクのみ。

そしてついに転生の時がくる。
だが待っていたのは戦争だった。現代にはない魔法武器が用いられ、人道的とは程遠い容赦ない攻撃。
この戦場で健吾は家族とはぐれた少女と出会う。その少女は宝石の涙を流す、不思議な一族だった。
健吾はこの世界で生きていく目的として、まずは少女を不思議な一族の元へと返すことにする。

この決断が、いつしかこの世界の戦争を止めることにつながっていく。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    健吾
    斎藤健吾
    チート
    一族
    転生
    この世
    戦場
    宝石
    決断
    手紙
    戦争
    魔法武器
    攻撃
    バイク
    現代
    能力
    事故
    少女
    郵便屋

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち