神様(オオカミ)の仕様書(スペックシート) (外部サイトで読む

榊杜栞

「誰が私に化け物を授けろと言った、このバカ神が」
 たががイチ参拝者である俺の母に罵倒された山の神は、自分が人間に施した恩寵(おんちょう)の結果を確認する為に山を降りる決意をした。……という、心構えはいいんだけどなぁ。この神様、美少女で、一見しっかりしてそうに見えて、何か抜けてんだよなぁ。しまいには、自分の恩寵(おんちょう)のトンデモ被害者である俺に「手伝え」と言ってくる始末。ま、いいんだけど。

 本作は、古代日本では広く信仰され、現代でも秩父、奥多摩の山間部を中心に残存する狼信仰をモチーフにした小説(の、つもり)です。とりあえず、全4話。第4話では、主人公の2人には少々大きなものと戦ってもらう予定です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    スペックシート
    恩寵
    たが
    奥多摩
    化け物
    オオカミ
    秩父
    始末
    心構え
    おんちょう
    狼信仰
    一見
    決意
    モチーフ
    神様
    山間部
    主人公
    小説
    イチ参拝者

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち