映写機の回らない日 北浦結衣VS新型ウイルス感染症

シネラマ

世界中に広がる新型ウイルス感染症を前に、映画館で働く北浦結衣はどう立ち向かったのか。ある戦いの記録。
作者より:この短編小説は、二〇二〇年三月一八日から一九日の二日間をかけて書いた一話完結の短編『私には要も急もある 羽田涼子VS新型ウイルス感染症』に登場するサブキャラクターの結衣を主人公にしたものです。三月一九日前後と、いまでは世の中の状況は異なっています。いまの状況を見据えて、今度は連載短編として、私が感じたことを物語に投影し、少しずつ書いていきたいと思います。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    サブキャラクター
    短編
    北浦結衣
    映写機
    連載短編
    北浦結衣VS新型ウイルス感染症
    短編小説
    羽田涼子VS新型ウイルス感染症
    作者
    新型ウイルス感染症
    主人公
    戦い
    結衣
    物語
    記録
    映画館
    一話完結
    状況

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次

映写機の回らない日 北浦結衣VS新型ウイルス感染症

第1話 映画館で働くことが好きだった
更新日:2020年03月28日
第2話 五十七番目の症例患者
更新日:2020年04月11日
第3話 『病は気から 病院へ行こう2』
更新日:2020年04月11日
第4話 いまのあんたはジョーカーと同じ
更新日:2020年04月11日
第5話 今日、この街で映写機は回らない
更新日:2020年04月11日
最終話 私たちにできること
更新日:2020年04月02日
最終話のあとの「あとがき」(に近いもの) 災難の渦中にいながら小説を書くということ
更新日:2020年04月04日
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち