白黒の英雄~誰にでもある魔力が無いと見限られた少年、実は規格外の魔力持ちだった~ (外部サイトで読む

rabbit

4年に1度開催される大きな試験。数多くの魔法師ギルドが集まる入団試験で、あり得る筈が無い系統魔力無しという判断を下されたクロード。誰にでもある筈の魔力を持たない――無能となったクロードには仲の良い同じ村の少女がいた。しかし、その幼馴染の少女は英雄候補という優秀な結果を叩き出してしまう。
そして、少女と同じく英雄候補となった同じ村の少年に無能という理由から少女の前から姿を消すように告げられてしまった。さらに少女にも一緒にはいられないと言われたクロードは全てを諦め途方に暮れていた。
だが、その夜。失意のどん底に落ちたクロードに一筋の希望が差し込んだ。

これは、無能の少年が規格外の力で成り上がる物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    クロード
    失意
    どん底
    途方
    魔力
    白黒
    幼馴染
    英雄
    入団試験
    無い系統魔力
    英雄候補
    魔法師ギルド
    少年
    試験
    規格外
    物語
    少女

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち