PiLLEUR DE ŒiL -ピヤー ドゥ ウイユ- 〜Eye-Land GAME〜 アイランド・ゲーム (外部サイトで読む

ちゃいあん

〝全ての始まりは作者の幼少期時代に起きた、恐怖の出来事からこの作品は生まれた―〟

【いつも通りに眼を狩る日常―今日もどこか可笑しいその日々は続く】

西暦2042年4月 高校入学式という晴れやかな舞台の日、貧しいながらも苦楽に人生を生きる新入生:目崎悠人は若くしてその命を絶たれる事となる。
 人知れず多くを背負い込み、生活の中で自分に対して余裕が無い筈だが、それを撥ね除け、何よりも人を思いやる心の優しき彼の前に、天の救いか悪戯か、とある一つの選択が差し伸べられる。
 死んだ身の自分を生き返らせる力を持った異能の眼球を手にすることは、果たして間違っていたのだろうか………これが彼にとっての救いか破壊か、新たな第二の人生が今、始まる―

《いついかなるご時勢において、一人一人にとっての生きる救い、貴方にとっての命の救いになることを―》

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち