可愛い後輩の選択 ~裏切った彼女、そして俺が最愛の人と結ばれるまで~ (外部サイトで読む

紅狐2

 大学二年になった俺は一人暮らしを始めた。
そして、同じサークルに後輩も何人か入ってきた。
そのうちの一人が彼女だ。俺は、彼女と出会い、付き合う事になる。

 お互いが一人暮らしなので、お互いの家に泊まりに行ったり、映画を見たり。
付き合いだしてからはグイグイせめてくる彼女。

「今日泊まりに行ってもいいですか?」
「先輩! お昼学食ですか? 一緒に食べてもいいですかね?」
「今度の休みの日に一緒に買い物行きましょう!」

 俺はそんな彼女の事が好きだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    最愛
    後輩
    うち
    サークル
    お互い
    可愛い後輩
    先輩
    買い物
    彼女
    休み
    映画
    お昼学食
    選択
    一人暮らし
    大学二年
    一人
    何人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち