王の歌

悠々自適にマイペース

目が覚めた場所は、見覚えのない知らない真っ暗闇の中だった。
何も状況が分からないまま暗い洞窟の外に出た先は、なんと雪山だった。

暖や食料が無い事から雪山を歩き出す事にしたのだが、突然狼のような野生の肉食動物に襲われ、逃げた先の大きな空洞に落ちてしまう。
呆気なく死んだかと思われたが、再び目を覚ますと村長と名乗る老人とその娘に助けられたのだ。

村長から名前を聞かれるが、自身の名前も無く、記憶も存在しない。
そんな名無しの見知らぬ者に村長は、『雪花』という名前を授けた。

こうして記憶を失った雪花が新たに村に迎え入れられた事から、この世界は大きく動き始める。

※この物語はフィクションであり、実在の人物及び団体とは 一切関係ありません。
※この作品は、重複投稿しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    見覚え
    村長
    空洞
    雪山
    フィクション
    実在
    重複
    食料
    暗い洞窟
    野生
    肉食動物
    老人
    人物
    記憶
    団体

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち