剣聖の幼馴染がパワハラで俺につらく当たるので、絶縁して辺境で出直すことにした。 (外部サイトで読む

シンギョウ ガク

※3/1日間総合一位ありがとうございます。
※なろうの評価システムが変わりました。各話下で評価できます(報告)

同じ年で一緒に育って、一緒に冒険者になった、恋人で幼馴染であるアルフィーネからのパワハラがつらい。

絶世の美女であり、剣聖の称号を持つ彼女は剣の女神と言われるほどの有名人であり、その功績が認められ王国から騎士として認められ貴族になったできる女であった。

一方、俺はそのできる女アルフィーネの付属物として扱われ、彼女から浴びせられる罵詈雑言、パワハラ発言の数々で冒険者として、男として、人としての尊厳を失い、恋人とは名ばかりの世話係の地位に甘んじて日々を過ごしていた。

けれど、そんな日々も変化が訪れる。
王国の騎士として忙しくなったアルフィーネが冒険に出られなくことが多くなり、俺は一人で依頼を受けるようになり、失っていた尊厳を取り戻していったのだ。

それでやっと自分の置かれている状況が異常であると自覚できた。
そして、俺は自分を取り戻すため、パワハラを繰り返す彼女を捨てる決意をした。

それまでにもらった装備一式のほか、冒険者になった時にお互いに贈った剣を彼女に突き返すと別れを告げ、足早にその場を立ち去った

俺の人生これからは辺境で名も容姿も変え自由気ままに生きよう。

そう決意した途端、何もかも上手くいくようになり、気づけば俺は周囲の人々から賞賛を浴びて、辺境一の大冒険者になっていた。

しかも、辺境伯の令嬢で冒険者をしていた女の人からの求婚もされる始末。

※アルファポリス様にも転載してます。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    求婚
    辺境伯
    アルフィーネ
    絶世
    辺境
    称号
    令嬢
    功績
    賞賛
    罵詈雑言
    女アルフィーネ
    パワハラ
    幼馴染
    始末
    貴族
    容姿
    アルファポリス様
    地位
    装備一式
    パワハラ発言

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち