追放の賢者、世界を知る~幼馴染勇者の圧に耐えかねた俺は、自らパーティーを追放されることにした~ (外部サイトで読む

深山鈴

 魔法使いのハルは、幼馴染で勇者のレティシアのパーティーに在籍していた。しかし、彼女は絶望的に性格が悪く、息を吸うように罵声を吐き、パワハラを繰り返す。精神的に追いつめられていく。身も心もボロボロになったハルは、レティシアと別れることを決意した。あえてミスをして暴言を誘い、

「あんなミスするなんてありえないんだけど! ハルってば、本当に使えないわね。あんたみたいな落ちこぼれ、追放しようかしら?」
「わかった。なら、さようならだ」

 ハルはレティシアと決別することに成功。晴れて自由の身になった。すると、今までも失敗がウソのように、全てがうまくいくように。一方で、レティシアは日に日にやつれていき……これは、相反するとある幼馴染の物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    レティシア
    罵声
    追放
    暴言
    ハル
    パワハラ
    幼馴染
    魔法使い
    幼馴染勇者
    ウソ
    勇者
    一方
    ミス
    パーティー
    性格
    自らパーティー
    物語
    賢者
    失敗

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち