週に一度クラスメイトを買う話 (外部サイトで読む

羽田宇佐

宮城は週に一度、クラスメイトの仙台に五千円を払う。
五千円は仙台の三時間を買うためのもので、宮城は彼女に命令をする権利を得る。
スクールカースト下位の宮城と上位の仙台。学校で交わることのない二人は、そういう契約で放課後を一緒に過ごしていた。
宮城がする命令はその日の気分で決まり、仙台は逆らうことができない。
ある日の放課後。
宮城は仙台を自分の部屋に呼び出し、いつもはしない命令をする。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    クラスメイト
    放課後
    命令
    宮城
    仙台
    スクールカースト下位
    上位
    権利
    気分
    契約
    一度クラスメイト
    彼女
    学校
    部屋
    自分
    三時間
    一度

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち