されど美しき僕らのセカイ (外部サイトで読む

蒼風

□作品紹介□
 むかしむかしってほどじゃない、ほんのちょっと前。あるところに一人の女の子がいたんだ。

 彼女は優しくて、賢くて、強い子だったけど、ひとつだけ大きな問題があった。そのお陰で、彼女にはずっと、友達といえる友達がいなかった。


 ある日のことだった。隣の家の前に、一人の男の子が立ちつくしていた。いつもは見かけないから、多分、お父さんお母さんが家にいなかったか、鍵を忘れちゃったか、あるいはその両方なんだと思う。

 迷った。話しかけてどうするんだ、とも思った。そんなことをしたってどうせ、とも思った。

 それでも、彼女は話しかけた。手を差し伸べた。少年は今にも泣きそうな顔を必死に崩さないようにする。きっと相当心細かったんだろう。話しかけてよかった、そう思った。

 それから彼女には一人の友達が出来た。なんの問題も起きない、幸せな関係。だけど、そんな時間はすぐに音を立てて壊れていった。


 むかしむかしってほどじゃない、ほんのちょっと前。あるところに一人の女の子がいたんだ。
 彼女は優しくて、賢くて、強い子だったけど、ひとつだけ大きな問題があった。そのお陰で、彼女にはずっと、友達といえる友達がいなかった。

 だけど、そんなひとりぼっちの時も過ぎて、彼女は今、ちょっとだけ人とは違う、けれど大半はごく普通の人生を送っている。あの日のことは忘れて。これからもずっと。そのはずだった。


 ある日、誰かが言ったんだ。世界を変えるのは意思の力だって。

 これは、そんな意思の力で、どこにでも広がっている醜いセカイが、美しくなる。そんな御伽噺。

(最終更新日:2020/02/10)

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    御伽噺
    ひとりぼっち
    醜いセカイ
    セカイ
    お陰
    僕ら
    大半
    意思
    男の子
    両方
    少年
    女の子
    彼女
    人生
    友達
    強い子

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち