たとえ空を落としてでも (外部サイトで読む

λμ

 あらゆる種族が共生するクルィロフ公国において、種族間対立の仲立ちを生業とする調停士ズィークスは、周辺諸国との勢力均衡をはかるべく竜族との同盟交渉に臨んでいた。
 そこに竜族の代表として現れたのは、人と見紛う姿をした竜の少女、ルブラであった。
 長らく人と没交渉にあった竜族は、ズィークスの提案した政略結婚を利用し、人の力を測ろうと企む。
 竜の代表には忌み子でありながら最強の竜でもあるルブラが、人族の代表には出生も含めて都合のいいズィークスが選ばれる。一目惚れも同然にあった一人と一匹は、政治的思惑と個人的感情の間で揺れながら親交を深めていく。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ルブラ
    仲立ち
    親交
    生業
    種族
    ズィークス
    思惑
    出生
    勢力均衡
    政略結婚
    没交渉
    調停士ズィークス
    クルィロフ公国
    種族間対立
    同盟交渉
    竜族
    忌み子
    いいズィークス
    最強

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち