学校一美少女の聖女様が実は泣き虫だった件 (外部サイトで読む

WING

 俺――桐生 樹のクラスには『聖女様』と呼ばれる学校一の美少女、天宮 真白がいた。ある日、下校途中の公園で今にも泣き崩れそうな彼女の姿を見てしまう。「困っている人、助けや救いを求めている人がいたのなら、その手を差し伸べてやりなさい」そんな祖父の言葉を思い出した樹は彼女に声をかけた。
「大丈夫――じゃなさそうだな」
「……桐生さん?」
 この日を境に二人の関係が動き出した。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    聖女様
    hellip
    泣き虫
    天宮
    桐生
    祖父
    下校途中
    学校一美少女
    桐生さん
    クラス
    公園
    真白
    彼女
    美少女
    姿
    言葉

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち