僕は死にたくありません! ヤンデレ悪役令嬢からは全力で逃げ切って見せます。……たぶん。 (外部サイトで読む

霜月零

「うげっ?!」

 第6王子たる僕は、ミーヤ=ダーネスト公爵令嬢を見た瞬間、王子らしからぬ悲鳴を上げてしまいました。
 だって、彼女は、ヤンデレ悪役令嬢なんです!
 どうして思いだしたのが僕のほうなんでしょう。
 普通、こうゆう時に前世を思い出すのは、悪役令嬢ではないのですか?
 でも僕が思い出してしまったからには、全力で逃げます。
 だって、僕、ヤンデレ悪役令嬢に将来刺されるルペストリス王子なんです。
 逃げないと、死んじゃいます。
 でも……。
 
 ミーヤ公爵令嬢、とっても、かわいくないですか?



 これは、ヤンデレ悪役令嬢から逃げきるつもりで、いつの間にかでれでれになってしまった僕のお話です。


※完結まで執筆済み。連日更新となります。
 他サイトでも公開中です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    悲鳴
    完結
    こうゆう時
    王子
    全力
    執筆済み
    将来
    瞬間
    連日更新
    彼女
    他サイト
    公開中
    ミーヤ
    ミーヤ公爵令嬢
    ダーネスト公爵令嬢
    ルペストリス王子
    前世
    悪役令嬢
    ヤンデレ悪役令嬢

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち