真・枕営業の魔法少女 (外部サイトで読む

木mori

九条学院高校一年の緋口久里朱は、魔法少女を統括する魔法少女省で、上司の合法ロリで、エレベーター内に引きこもる沽森byオバチャマに指示を受けつつ、アルバイトをしている。魔法少女は、街で犯罪を冒すヤクザなどを取り締まる仕事を担っているが、枕を販売し、かつエロいことをすることで、男から邪悪なエネルギーを得て魔力を補充する枕営業をしている。
久里朱には魔法少女をやる目的があった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    沽森byオバチャマ
    魔力
    ヤクザ
    合法ロリ
    緋口久里朱
    久里朱
    犯罪
    上司
    指示
    アルバイト
    エネルギー
    枕営業
    魔法少女省
    魔法少女
    エレベーター内
    目的

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち