神の悪意の物語 (外部サイトで読む

王立魔法学院書記官

これは 異なる神話が人を縛る 異なる世界の物語

召喚された剣士が、謎を探求する旅に出ます。魔法使いと美味しいものを食べたり、異文化に驚かされますが、たくましく乗り越えていくお話。

・あらすじ
舞台は神の善意、悪意と呼ばれる石に翻弄される人々が暮らす異世界「アルバテッラ」。
召喚されて記憶をなくした主人公はマルコと名付けられ、魔法使い・アルの頼みでマリスと呼ばれる黒石を王都に運ぶことになる。 
マルコが身につける黒石(神の悪意・マリス)、そしてアルの杖に仕込まれた白石(神の善意・グリー)。二つの石の影響で出会う、祭神や呪われた者との戦いを旅の仲間は乗り越えていく。しかし、王都で待つのは巨石がもたらす壮絶な混沌だった––––。

1.南のはしっこの森
マルコは、初めての村、端村で様々な人々と出会い、そして謎に触れる。謎を解くため、森へ向かったマルコは、多くの苦難を経て、神の悪意の石、マリスを手に入れる。

2.神さまがおりたつ丘
旅の二人は、端村から北西にあるテンプラムという町を訪れる…

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    マリス
    アルバテッラ
    ndash
    巨石
    黒石
    祭神
    グリー
    マルコ
    テンプラム
    混沌
    苦難
    善意
    おりたつ丘
    剣士
    北西
    悪意
    魔法使い
    アル
    神話

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち