【改訂版】ダンジョンと株式会社 ~目指せビリオネイヤー(1千億円長者)私たちはこの会社で世界を取る~ (外部サイトで読む

早坂明

 全世界に『門』が出現した。
 『門』は3次元的にはありえない存在であり、そこには地下、ダンジョンへと続く通路があった。
 水沢健司は、友人の伊吹吾郎、橋口清美とともに自宅に現れたダンジョンに潜り、その秘密の一端を見つけることができた。
 『門』が出現した翌日、3人で集まりダンジョンの秘密をどう扱うかを相談していた。

「それで、お前さんらはダンジョンの秘密のことを、どうするつもりじゃ?」
「やっぱり、人に知られないよう隠すしかないのかしら?」
 伊吹の質問に、清美も首をかしげながらつぶやく。

 その二人に対して、水沢ははっきりと反論する。
「いえ、私は逆に積極的に開示すべきだと思います」

「でも、開示するといってもどうやってするつもりなの? 下手に発表すると大騒ぎになると思うけど……」

 清美の質問にうなずきながら、水沢が答える。
「会社を作りましょう。ダンジョンを利用したサービスを提供するための会社です」

「なるほど、会社が出来てからなら、騒ぎになるのはむしろ望むところという訳か。なにしろ、無料で会社の宣伝をしてもらえる訳じゃからな」

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    伊吹吾郎
    橋口清美
    伊吹
    目指せビリオネイヤー
    水沢健司
    一端
    清美
    水沢
    大騒ぎ
    通路
    ダンジョン
    地下
    宣伝
    改訂版
    翌日
    友人
    自宅

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち