悪の組織勃興記―改造人間が未来で組織を復興― (外部サイトで読む

砂鳥二彦

X202年、悪の組織はヒーローたちに敗れ、衰退の道を歩んでいた。
起死回生のため立案された「未来に悪の組織<デュラハン>を再建する」という使命を元に、改造人間の一人であるトシアキはコールドスリープによる長期待機を命じられた。
トシアキが目覚めた時、彼は既に改造人間でありながら手術台の上で目を覚ましていた。そして目覚めた先は何と―――百年後の世界であった。
これは悪の組織の世紀末勃興譚である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    トシアキ
    デュラハン
    コールドスリープ
    起死回生
    衰退
    使命
    世紀末勃興譚
    組織勃興記
    復興
    長期待機
    改造人間
    手術台
    組織
    ヒーローたち
    未来

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち