美人で魔王な先輩を救うために勇者な俺は魔王と戦う (外部サイトで読む

がいとう

最近この世界は変わった。
俺の大学生活は優しくはないけれど黒髪が綺麗で美人な先輩と共に送る騒がしくも愛おしい日々だったはずだ。
しかしいつからか俺の左手の甲に謎の紋様が浮かび、偶然拾った同居人は俺の契約精霊になっていたりと、世界はファンタジー溢れる俺の知らないものへと変化していく。

そんな浦島太郎な体験をしつつもなんとか変わっていく世界に順応していたその頃、いつも俺をからかっては笑みを浮かべる意地悪で美人な先輩から端末にメッセージが来た。

「もうすぐ夜が来るわ。逃げなさい」

先輩の不審な態度に疑問を感じた俺は家を飛び出して先輩の家へ向かう。
そこで俺が見たものは……


これは様々な面でこだわりの強いだけの一介の大学生が、意地悪で美人な先輩との生活を取り戻すために戦う勇者魔王系ラブコメ。


「主、えっちぃのは1日30分までです!!」
「勘違いしてもらっては困るわ。私の胸は世界を救うのよ?」
「こじゃんと大きなブラジャー被らない方がおかしいっす」

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    hellip
    紋様
    ブラジャー
    えっちぃ
    笑み
    浦島太郎
    左手の甲
    勇者
    契約精霊
    態度
    端末
    ファンタジー溢れる俺
    大学生
    愛おしい日々
    勇者魔王系ラブコメ
    先輩
    魔王
    美人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち