本物の方の勇者様が捨てられていたので私が貰ってもいいですか? (外部サイトで読む

花果唯

前世でプレイしていたゲームの世界に転生し、私はハーフエルフのマリアベルになった。
ゲームの知識を生かし、高ランクの冒険者として不自由のない暮らしをしていたある日、異世界からやって来た二人の少年の存在を知る。
彼らは勇者候補として修業を受け始めるが、周囲が期待しているのは真面目に修業をしない見目麗しい金髪の少年だった。
だがマリアベルの目にはどう見てももう一人の黒髪の少年の方こそ勇者であるように見えた。
しばらくすると黒髪の少年は金髪の少年と彼を勇者だと認める者達に「お前が勇者のはずがない」と嘲笑われながら捨てられてしまう。
見てろよ、絶対後悔させてやるからな! ……と誓ったのはそれまでは完全部外者のマリアベルで――。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ハーフエルフ
    嘲笑
    前世
    修業
    不自由
    金髪
    マリアベル
    目麗しい金髪
    勇者
    勇者候補
    彼ら
    周囲
    本物
    お前
    少年
    勇者様
    高ランク
    者達
    黒髪
    異世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち