鑑定魔法でアイテムせどり ~アラサー、掘り出しアイテムで奮闘中~ (外部サイトで読む

いわきよ

しがない社畜でしかない香月 亜樹斗〈こうづき あきと〉は今日も残業に明け暮れていた。
たまには贅沢をと牛丼チェーン店で花金(花の金曜日)を満喫するべく一人で酒宴を開催する。

が、これがいけなかった。これが原因で異世界へ赴くことになったアキトは変なお爺さんから一つのスキルを授かった。それが【鑑定】であった。

ありふれた能力だと最初はガッカリしていたアキトだったが良く良く考えてみるとお金を稼ぐには持ってこいのスキルであった。

お金を稼いで装備を整えれば、いくらアキトでもダンジョンを攻略することができるのか。

この【鑑定】でせどりが出来るとわかったアキトは能力を武器に異世界で奮闘していく。
絶対に危ない橋は渡らないアキトの第二の人生が始まった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アキト
    こうづき
    異世界
    鑑定
    スキル
    お爺さん
    牛丼チェーン店
    掘り出しアイテム
    ダンジョン
    亜樹斗
    アイテムせどり
    酒宴
    アラサー
    能力
    香月
    花金
    社畜
    鑑定魔法
    危ない橋
    お金

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち