死亡エンド確定の愛されなかった妃に転生しました ~滅亡フラグは回避したい~ (外部サイトで読む

雨宮れん

病室からほとんど出ないまま、一生を終え、生まれ変わったのは前世でプレイしたゲーム『百花真愛』の世界だった。

だが、記憶がよみがえった瞬間、翠珠はとんでもないことを思い出す。

この国、あと数年で滅びるよね?
そして、そのタイミングで私、死んでるよね?
おまけに、一応お妃様だったけど、皇帝には愛されてなかったよね?
というか、一度もお渡りなかったよね???

その一方、皇帝はちゃっかり『真実の愛』とやらを見つけ、国を再建してハッピーエンドを迎えるのである。

――真実の愛?そんなの知るか!一度もお渡りないまま死んだなんて冗談じゃない!国が亡びる前に、後宮から脱出させていただきます。

幸い、まだゲームは始まっていない。
皇太后の針子という立場なら、いくらでも逃げようがある。

運に助けられ、後宮から逃げ出すチャンスを掴むものの、あえなく脱出失敗。
あれよあれよと妃の地位に上り詰め、気が付いた時には逃げられなくなっていた!

こうなったら、国の滅亡を回避しよう。生き残るにはそれしかない!

かくて翠珠の戦いは始まったのだった。
国が亡びるまであと、二年。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    皇太后
    後宮
    翠珠
    病室
    前世
    滅亡
    滅亡フラグ
    皇帝
    冗談
    地位
    ハッピーエンド
    一方
    百花真愛
    戦い
    死亡エンド確定
    立場
    一生
    脱出失敗

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち