築城の貴族 (外部サイトで読む

我孫子

エスタライヒ王国は四方を自然の壁に囲まれた王国。技術は常に進歩する。平和ボケしたエスタライヒ王国に戦火の影が映り、主人公カミルは築城の貴族家として再び王国内の城を再設計していく―― 前世の城オタクの知識を活かして...!

「なんでこの異世界は魔法が無いんだよ...」

主人公カミルの父、ヴィクトルが現当主を務めるラッセン男爵家は4代前より国内の城・要塞などを設計している家系。面倒な貴族社会をやりくりしながら、王国のため、城や要塞の整備に着手する。

***
築城の話や生活様式などは、ある程度地球の世界史と文献を下地に書いていく予定です。主人公はよくある熱出して前世の記憶がどばーっと、という展開ではありません。どちらもプロローグと第一章序盤ではまだ触れません。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    エスタライヒ王国
    主人公カミル
    築城
    貴族
    ヴィクトル
    要塞
    前世
    ラッセン男爵家
    プロローグ
    異世界
    世界史
    戦火
    現当主
    城オタク
    貴族社会
    四方
    平和ボケ
    家系
    生活様式
    文献

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち