『死ね』のかみさま

川島 歩美

その時はいくら騒いだって、いつかはみんな、その記憶を、大切な事と共に忘れてしまう。
果たして、時の流れの中で、『僕』は、いつまでその事を忘れずにいられるか―。
第16回えほん大賞落選作品。『ノベマ!』より転載。
*
僕は、ある日、マンションの駐車場で、セーラー服姿の『かみさま』と出会った。
そして、『かみさま』は、僕に素敵な魔法をかけてくれた―。
Copyright © 2019 川島歩美

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    かみさま
    ノベマ
    川島歩美
    第16回えほん大賞落選作品
    セーラー服姿
    Copyright
    マンション
    転載
    駐車場
    魔法
    記憶
    流れ
    みんな

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち