聖者の金杯 〜魔術師の慚愧、魔王の安息〜 (外部サイトで読む

雪月黒椿

御伽噺や英雄譚にのみ存在し得る不思議な力、魔法を使う主人公のアルヴィン。魔物退治で一目置かれている彼は、ある日所属しているキャラバンからの脱退を要求されてしまう。
好機とばかりに外の世界へと連れ出そうとするエルヴィスには、ある秘密がある。その秘密はやがて歴史を暴き、悪意を破り、失われた奇跡へと繋がっていく。
強者でありながらやや臆病で保守的なアルヴィンと、そんな彼をありすぎる行動力で引っ張っていく博愛の美少年エルヴィス。
家族であり親友でもある2人は、仲間や友人を得ながらそれぞれの目的のために行動する。
無償の愛をテーマに、生に翻弄される本格王道ファンタジー。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アルヴィン
    美少年エルヴィス
    英雄譚
    御伽噺
    本格王道ファンタジー
    慚愧
    キャラバン
    魔物退治
    魔術師
    安息
    博愛
    聖者
    行動力
    金杯
    好機
    強者
    脱退
    魔王
    無償
    主人公

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち