千里眼、須磨子 (外部サイトで読む

ハリマオ65

 主人公の宗田須磨子は本牧で2人兄弟で育った。3歳の時、人の心を読める不思議な才能をもち、母が買い物に行くと嘘をつくと嘘、パチンコ屋に行くんでしょと言い当てた。この能力
が自分だけと解ると寂しくなり友達ができなくなった。やがて橫浜市大経済学部を卒業し有隣堂書店に入った。その後、松坂屋の前で路上ライブをしている「ゆず」に興味を持ち、将来、売れると予言し、その通りになった。その後「ゆず」は必ず宗田須磨子の所に挨拶来た。やがて須磨子は本店、店長と結婚。そして持ち前の勘の鋭さで株の予想で弟と2人で株で大儲けした。是非、本編を読ん欲しい。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    宗田須磨子
    パチンコ屋
    有隣堂書店
    千里眼
    浜市大経済学部
    ゆず
    松坂屋
    持ち前
    本牧
    路上ライブ
    主人公
    本編
    才能
    本店
    買い物
    将来
    挨拶
    店長

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち