『強くなりたい。ただそれだけの噺』 (外部サイトで読む

ティラミス

「少年、私の元で強くなりたくはないか?」

 そう言って、一人の女性が少年――シオンに手を差し伸べた。
 シオンは父親を亡くした。
 幼きシオンに残された父親からもらった言葉の数々。
 薄桃色の花弁が舞う緑の大平原の元、シオンは父親の言葉を胸に強くなるための道へと進むことを選んだ。
 『こんな自分になれたら』、『あんなことができる力があったなら』、誰もが一度は思ったことがあるであろう感情を『強くなりたい』という”高み”への意志をシオンは掴み取る。

 しかし、『強くなりたい』と願うことはこの世界において如何なる困難よりも困難を要するのであった。
 これは『強くなりたい』という“願望”を抱いた一人の少年が“高み”へと至るまでの物語である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    シオン
    大平原
    父親
    薄桃色
    少年
    花弁
    一人
    言葉
    願望
    それだけ
    意志
    数々
    感情
    一度
    世界
    女性

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち