ラスボス、やめてみた ~主人公に倒されたふりして自由に生きる~ (外部サイトで読む

坂木持丸/キーチ

ある日、魔帝メナスは、前世の記憶によって、自分がとあるRPGのラスボスだということを知る。
このままではいずれ破滅すると考えたメナスは、ラスボスをやめることを決意。ゲーム序盤のイベントで主人公に倒されたふりをして、こっそり旅に出る。
しかし、今まで城(ラストダンジョン)に引きこもっていたラスボスに常識があるわけもなく、さらに外の世界は予想以上にレベルが低いとわかり――。

これは……野生化したラスボスが、ストーリーをぶっ壊しながら自由気ままに生きていく物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ラスボス
    魔帝メナス
    主人公
    ふり
    ラストダンジョン
    ゲーム序盤
    ストーリー
    前世
    野生化
    常識
    決意
    予想以上
    物語
    RPG
    イベント
    記憶
    世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち