引退した冒険者、島を改造して秘密基地にする (外部サイトで読む

時雲

 冒険者を引退する事にした日、それ迄の功績として国王ヒルデンから島を貰う事になった。貰う事になってからは、その島を自分の"秘密基地"としてどう改造するかを楽しみにしていた。
 島を貰い受けるため一人王城に出向いたルークだったが、そこには何故か教え子の冒険者や若い騎士たちがいて……。結局、成り行きで貴族にされたルークだったが、自分の"自由"は出来る限り確保する事に成功していた。
 仲間や身内に別れを告げたルークは、古い友人である二代前の元国王ダグラスとも会った。ダグラスと話していたルークは、その中で"王家の呪い"について知る事になり……。
 その胸にダグラスからの"最後の依頼"を抱え、自らの領地となった孤島"ルーナメイジ"へと、出発しようとしていた。

 これは、冒険者として成功した男のアフターストーリー的物語である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    冒険者
    ルーク
    ダグラス
    国王ヒルデン
    ルーナメイジ
    それ迄
    秘密基地
    元国王ダグラス
    成り行き
    一人王城
    アフターストーリー的
    教え子
    領地
    王家
    孤島
    二代前
    功績
    若い騎士たち
    貴族
    呪い

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち