財産税を逃れた男 (外部サイトで読む

ハリマオ65

 臼井家は千葉県の豪農の家。1946年2月16日に発令
された金融緊急措置令が発令。市中に出回る金を吸収する
荒療治「預金封鎖」を始め以前の紙幣はを無効にした。
3月3日からは新しく発行した新円のみ使用可、家族5人で
700円、つまり月、最大5人で現在換算で35万円しか銀行
から引き出せなかった。その後の1946年3月3日に財産税
により日本中の富裕層の財産の大半が国に供出させられ戦争
の費用の穴埋めに使われた。臼井重蔵は事前に大蔵省の旧友に
聞き、掛け軸、陶器、漆器は納屋に置いておくように命じた。
資産調査で時価総額19万円で50%の財産税9万5千円を
支払った。しかし隠したのお宝は隠して見つからなかった。
その後1946年10月,第2次農地改革案で広い農地が取り
上げられた。その後、臼井一族は、どうなっていくか? 
それは読んでのお楽しみです。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    財産税
    発令
    臼井重蔵
    荒療治
    大蔵省
    財産税9万5千円
    豪農
    掛け軸
    臼井一族
    第2次農地改革案
    金融緊急措置令
    預金封鎖
    穴埋め
    富裕層
    漆器
    広い農地
    市中
    納屋
    時価総額19万円
    日本中

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち